工法紹介|既存杭引抜工法|場所杭打工事の進明技興・進明テクノ

進明技興・進明テクノ 電話番号

工法紹介

ロータリー多滑車工法

オールケーシング工法75T、55Tテレスコブーム式クローラークレーンをベースマシンとし、杭引抜用ロータリー多滑車に油圧オーガーを併用させて杭を引抜く工法です。

メリット 杭抜機1台にて、多滑車の役割もこなす工法の為に狭隘地での施工に対して効率的な工法の一つです。
デメリット 狭隣地での施工を主目的とする為に段取りの多さを含め他工法と比較すると施工時間がかかります。

ロータリー多滑車工法2 ロータリー多滑車工法3 ロータリー多滑車工法4

アポロン式オーガーケーシング工法

アボロン式オーガーケーシング工法4ラフターベース、クローラベースの本体機にリーダーを取り付け、そのリーダーに対してオーガーとケーシーングをセットし、杭周を削孔して本体機もしくは相判機にて杭を引抜く工法です。最もポピュラーでオーソドックスな施工工法であり、一般的な現場で多く採用される工法のひとつで、敷地の広い現場、狭溢地の現場、杭頭が深い場合など様々な現場諸条件に対応できます。

アボロン式オーガーケーシング工法1アボロン式オーガーケーシング工法2アボロン式オーガーケーシング工法3