工法紹介|アースドリル工法(拡底工法)|場所杭打工事の進明技興・進明テクノ

進明技興・進明テクノ 電話番号

工法紹介

アースドリル工法(拡底工法)

大口径・高深度削孔に最強の力を発揮。

アースドリル工法(拡底工法)アースドリル工法は、杭の築造にあたり、孔壁の保護は表層ケーシングチューブを用い、ベントナイトを主体とした安定液で保護し、ドリリングバケットで削孔し土砂を排出する工法です。

特長 土質に応じて選択できるバケットがあり、ある程度の堅い土層も削孔可能。
無騒音・無振動で周辺環境への影響がない。
バケットによる1回の土砂排出量が大きいので削孔速度が非常に速くできる。
狭い施工エリアでの施工が可能。

アースドリル工法(拡底工法)施工要領図